香典の費用

知っておきたい!葬儀のマナー

葬儀マナーTOP>香典の費用


◆香典の費用
香典とは

死者の霊に香を供えるという意味から、香を買う費用を包むといった意味があります。
後に、葬儀にかかる費用に対する相互扶助として位置づけられ、米などの品物の場合もありましたが、現在は現金による香典です。

金額は、故人との関係や、弔問に訪れる人の年齢や気持ちなどによって変わってきます。
香典の金額では、9を除いた奇数の1,3,5,7の数字にするのが一般的です。
以前は偶数は使わないと言われていましたが、最近は2万円も利用されます。

香典を持参するタイミングは、通夜か告別式です。
通夜前の弔問時は、遺族側も取り込んでおり、また予め用意していた印象を与えるため避けます。

参列出来ない場合は、香典を郵送します。
不祝儀袋に入れて現金書留で送りますが、金額や表書きなどは持参する場合と基本的に同じです。
その際、葬儀に参列できないお詫びとお悔やみの手紙を添えます。

祖父母
1万円〜5万円


3万円〜7万円

兄弟姉妹
3万円〜5万円

おじおば
7千円〜3万円

親戚
5千円〜2万円

職場関係
5千円〜7千円

取引先関係
5千円〜7千円

友人・その家族
5千円〜7千円

近所
5千円位

その他
5千円〜1万円



葬儀の服装
葬儀のマナー
香典袋の書き方
弔電
弔み言葉

葬儀のマナーTOPへ
トヨナビトップへ

©TOYOnavi