葬儀の服装

知っておきたい!葬儀のマナー

葬儀マナーTOP>葬儀の服装


◆葬儀の服装

通夜の場合

喪服でなく、略喪服(地味な平服)にするのがマナーです。
理由は慌しく駆けつけて来たのに、喪服を着ているのは、不幸をあらかじめ予期していたようで失礼にあたります。
夫婦などで参列することは、お互いの喪服の格を揃えるようにしましょう。
遺族より格上の喪装をしないことがマナーです。
コートなどは、黒や紺など落ち着いたものにしましょう。

葬式・告別式の服装

葬儀・告別式の一般会葬者の服装は礼服です。
喪章をつけるのは、喪家側の立場の人なのでつけません。
以下、「男性」「女性」「子供・学生」別の例になります。

■女性
<洋装>
基本的に黒無地で光沢のない長袖、もしくは紺かグレーなどのワンピースか、ジェケットとセットアップになっているものならパンツスーツとし、肌は出さないようにします。
ストッキング、靴下は無光沢な黒、靴は布製かスエードのような皮製で派手でないものにします。

<和装>
黒か地味な着物で、帯は黒無地の丸帯で縫い目を下に締めます。
半襟、下着、襦袢、足袋はいずれも白です。
草履やハンドバックは黒で布製のものを選びます。

□化粧やアクセサリー・バックについて
化粧は薄化粧で済ませ、赤い口紅や濃いアイメイクは使用しないのが基本です。
つける場合は鮮やかな色のものは避けます。
髪飾りも光る金具のついているものはさけ、黒のリボンなどにし、髪の色があまりにも派手な場合は、スプレーなどで黒にします。
香水は使用しないのが基本で、つける場合はごく微量に抑えます。
アクセサリーは黒いものもしくはパールやオニキスの一連ネックレス、一粒パールのイヤリングなら可能ですが控えめに。
また結婚指輪や婚約指輪は、アクセサリーとはみなされないので着けていても構いません。
バックは布製が正式ですが、光沢がなければ革製でも構いません。
但し留め金のないものを選びます。
ノーメイクは失礼にあたります。

■男性
<洋装>
ブラックスーツもしくはダークスーツであれば、通夜、告別式どちらにも着用可能です。
ワイシャツは白無地。ネクタイは光沢のない黒でネクタイピンはつけません。
仕事先などから直接出向く場合は、ダークスーツでも構いませんが、ネクタイは黒いものに変更します。
靴と靴下は黒で揃えます。正礼装のモーニングは、昼間の正装なので夜は着用しません。

<和装>
黒無地五つ紋付きの着物と羽織、袴は仙台平か博多平で、帯は地味な色合いの角帯を使い、羽織の紐は白。
足袋は正式には白ですが黒が用いられる地方もあります。
最近では殆ど着用する人はいないようです。

■子供・学生の喪服
男女とも制服が黒であれば正式礼装になります。
ボタンが金や銀など光沢のある時は、黒いものに付け替える配慮が望ましいです。
制服がない場合は、女子であれば黒のワンピースか、白のブラウスに黒か紺もしくはグレーのブレザーとスカート。
男子であれば、白のシャツに同じく黒か紺もしくはグレーのブレザーにズボンなど、地味な色合いの服装にします。
靴は男女とも黒靴で、靴下は黒もしくは白です。



葬儀のマナー
香典袋の書き方
香典の費用
弔電
弔み言葉

葬儀のマナーTOPへ
トヨナビトップへ

©TOYOnavi