香典の書き方

知っておきたい!葬儀のマナー

葬儀マナーTOP>香典の書き方


◆香典の書き方
香典を入れる金包みの書き方

【宗教別】

■各宗教共通
表書き:「御霊前」
裏側:下の折の上に、上の折を重ねる。
※上記の表書きと中袋は、全ての宗教で利用出来ます。

■仏式
表書き:「御霊前」「御香典」「御香料」
蓮の絵柄は仏式のみ
※四十九日法要の場合
表書き:「御仏前」

■神式
表書き:「御霊前」「御玉串料」「御神前科」「御榊料」

■キリスト教
表書き:「御ミサ料」「御花料」

【人数別】

■個人の場合
表書き:下段の中央に姓名を書く。

■連名の場合
表書き:下段の中央に目上の人の姓名を書き、その左に目下の人を順に書く。

職場関係の場合
表書き:下段の中央に会社名、部署名を書く。
※左端に名刺を貼っても良い。


◆香典の渡すタイミング

香典は、通夜か告別式のどちらかに持参します。

通夜では、受付か無ければ礼拝の時にご霊前に供えるか、遺族に手渡しします。
告別式では、受付で渡します。
※通夜で香典を渡した場合は、告別式では用意する必要はありません。


葬儀の服装
葬儀のマナー
香典の費用
弔電
弔み言葉

葬儀のマナーTOPへ
トヨナビトップへ

©TOYOnavi