葬儀のマナー

知っておきたい!葬儀のマナー

葬儀マナーTOP>葬儀のマナー


◆葬儀のマナー

以下、葬儀における基本的なマナーをご紹介します。

■弔問出来ない時
葬儀当日に弔問できない場合は、弔電を打ち、その後改めてお悔やみ状を送ります。
また香典を郵送する時は、香典を不祝儀袋に入れお悔やみ状を添えて、現金書留の封筒などに入れて送ります。
可能であれば、後日弔問に伺います。

■お焼香の回数

仏教では各宗派でお焼香の回数が異なり、作法にも違いがあります。
会葬者の方は、どの宗派のご葬儀でも、あまり気にせず、自分のやり方や自分の宗派の作法ですれば問題御座いません。
また通常葬儀でのお焼香のタイミングは、葬儀社の担当者が合図してくれますので、心配はいりません。

■お清めの仕方

玄関を入る前に、通夜や告別式から帰ってきたらお清めをします。
塩をひとつかみ、胸と肩のあたりにかけてもらいます。
※浄土真宗はお清めは行いません。

■訃報の知らせを受けた場合
近親者であれば、連絡を受けたら出来る限り早急に駆けつけ、手伝いを申し出るなど、遺族を支えてあげましょう。
友人や知人の場合で、遺族から直接連絡を受けたのであれば、出来る限り弔問に伺います。
この場合でも地味な普段着で駆けつけ、長居はしてはいけません。

■故人の死因は聞かない
故人の「死因・病状」は聞かないのが最低限のマナーです。
理由としては、遺族にとっては、死因や病状は知られたくない場合もあるからです。

■弔辞の依頼に対して
引き受けるのがマナーです。
奉読時間は三分程度が目安です。
原稿用紙でニ枚〜三枚程度です。
忌み言葉に気をつけて下さい。
弔辞は、記念に遺族のもとに残りますので、丁寧に書きます。
巻紙に薄墨、毛筆で書くのが正式です。
上包みには「弔辞」と表書きします。

■香典返し時の御礼

香典返し、三十五日や、四十九日にあわせて、挨拶状と共に贈られて来ることがあります。
しかし、これに対しては御礼は送らないのがマナーです。

■火葬場での骨揚げ
二人一組で一つの骨を取りあげます。

■お通夜への参加

通常は参加します。
通夜ぶるまいも誘われたら参加し、一口だけでも箸をつけるのがマナーです。
途中で退席する場合は、お先に失礼しますと述べます。


葬儀の服装
香典袋の書き方
香典の費用
弔電
弔み言葉

葬儀のマナーTOPへ
トヨナビトップへ

©TOYOnavi